現在の位置 : ホーム > 関西不動産稲門会について

関西不動産稲門会について

幹事長挨拶 【関西不動産稲門会 幹事長】

皆様はじめまして。
関西不動産稲門会は、関西地区に活動基盤を置く不動産関連業界に従事する早稲田大学卒業生により平成19年9月1日設立されました。

まだまだ歴史は浅いですが、既に会員相互での情報交換によるビジネスの発生や、研修を通じた相互理解、毎回月例会後の親睦会を通じた相互信頼関係の構築など、徐々にその基盤を固めているところです。

不動産関連業界は、情報収集が重要であり、そのための人脈形成はビジネスの巧拙を左右するとも言われております。関西地区を基盤に不動産関連業界に従事されている方はもとより、その他地区からの転勤者などの共に学んだ早稲田大学の「卒業生の集まりという心の拠り所」として、安心、信頼いただける組織作りを目指しております。

私たちとともに、関西の不動産業界を、そして早稲田大学を盛り上げるべく、たくさんの新しい仲間に会えることを心からお待ちしております。

幹事長 滋野 雅之
(昭和63年 理工学部卒)

設立趣旨

関西地区にも不動産あるいはこれに関連する業務に携わる早稲田大学卒業生は数多くおります。しかしながら、関西地区では長年、不動産業務に従事する卒業生の会が設立されることはありませんでした。

関東の不動産稲門会や関西不動産三田会、(同志社不動産会)R・Eクローバー倶楽部、(関学不動産会)KGリアルターズクラブなどのご尽力により、「関西地区における不動産業務に従事する卒業生の会」立上げの機運が一気に高まり、これらの会の代表者などのご協力などから、平成19年9月、早稲田大学創立125周年の年にようやく「関西不動産稲門会」が設立されました。

本会は、不動産情報などの交換を主たる目的とする早稲田大学卒業生の集まりです。主な会員は不動産仲介業者、マンションデベロッパー、ゼネコン、一級建築士、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、行政書士、インテリアコーディネーターなどの不動産および関連業界の業務に従事する人たちです。これらの会員相互の親睦を図るとともに、不動産の諸問題に関する研修、討議を通じて、自己研鑽と、各会員の事業への貢献を深め、早稲田大学出身者の人材、人脈、信頼および団結力を活かし、社会及び早稲田大学の発展に寄与することを目的に活動をしております。

本会の活動を通じて、微力ながら、関西地区の校友はもとより、早稲田大学のますますの発展に貢献していく所存です。

本会にご興味を持たれた方は、不動産業に従事する方、不動産に関して相談したいという方など、どなたでも歓迎いたします。お気軽にご連絡くだされば幸いです。

なお、本会は、不動産業というビジネスの性質に鑑み、ご入会に際しては、「所属メンバーによる紹介」が必要となり、不動産業あるいはそれに関連する業務に従事する方以外の入会をお断りする場合もございます。詳細につきましては、お気軽にご連絡の上ご確認ください。

入会の申し込み セミナー開催の依頼 事務局へのお問い合わせ